デスクワーク(PC作業)を長時間していると近視なるって本当!?

スポンサードリンク

デスクワーク(PC作業)を長時間していると近視なるって本当!?

デスクワーク 近視
仕事や勉強でかかせないのがパソコンですよね。
デスクワークは目に疲れが溜まり近視になるイメージがあります。

 

デスクワークで視力になる理由

目には近くの物を見るときと遠くを見るとは
目の働きが違います。

 

近くを見るときは、目の周りにある毛様体筋が緊張し
水晶体が厚くなります。

 

遠くを見るときは、毛様体筋の緊張がとけてリラックスします。
そして水晶体は薄くなります。

 

人間は、近くを見るときと遠くを見ると意識をすることなく
このような働きをしているんです。

 

デスクワーク(PC作業)は近い距離を見て作業をします。

 

先ほども説明しましたが、近くのものを
見るときは目のまわりにある毛様体筋が緊張します。

 

長時間、毛様体筋の緊張が続くと遠くを見たときに
毛様体筋の緊張がとけにくくなります。

 

つまり遠くのものを見づらくなるんです。

 

近視を防ぐ対策

毛様体筋は近くのものを見ると必ず緊張します。

 

近視には、緊張がとけにくくなると
だんだんと知らぬ間に近視になっていきます。

 

近視ならないようにするためには、
緊張した毛様体筋をリラックしほぐしてあげると防げます。

 

「リラックさせるには、遠くを見るだけ」これでOKです。

 

毎日の通勤では遠くを眺めているだけでも効果は十分にあります。
休憩中に遠くを眺めるのもいいしょう。

 

まとめ

近視のなる理由について説明をしました。

 

最近はPCを使う方が増えています。

 

近くの物を見る環境が多いで目の緊張が
取れていない方が多くいることでしょう。

 

とくにスマホに操作で近視になる方は、
たくさんいることでしょう。

 

通勤や休憩時間はスマホをいじらないで遠くを
見て目のリフレッシュしましょうね。

<スポンサードリンク>