ドライアイから目を守る方法と原因と対策

スポンサードリンク

ドライアイから目を守る方法と原因と対策

ドライアイ 原因と対策
ドライアイで悩んでいる方はいませんか?

 

ドライアイとは涙が不足して目の表見が乾燥している状態です。
目が乾燥していると、目がシバシバしたり違和感がおこったり、、、

 

・目がしょぼつく
・物がぼやける
・目がゴロゴロする
・目が痛い
・目がかゆい

 

などの症状がでます。

 

また、波が不足することで異物や細菌からの保護する抵抗力が低下し
さまざまなトラブルと引き起こすきっかけになります。

 

ドライアイに原因とは!?

ドライアイとは目の表面の乾燥です。

 

目が乾燥するには以下のことでおきます。
・涙の蒸発
・涙の出が悪い
・涙がうまく作られない

 

この3つが挙げられます。

 

ドライアイを治すには

涙の蒸発防ぎ、涙の量を適正な量で出す必要があります。

 

涙の蒸発を最小限のするには、湿度に注意をする必要があります。

 

空気が乾燥していると涙は蒸発しやすいので、
加湿器を置いたり、目の上に蒸しタオルを当てるといいでしょう。

 

涙の量を正しく出す

涙の量が少ない理由に、
涙が出るところ(マイボーム腺や涙腺)が詰まっているからです。

 

このつまりを解消するには、
目を閉じて指の腹で軽くマッサージをしましょう。

 

もしく、目をじっと見開き我慢ができなくなるまで目を開きます。
こうすると、涙が自然と溢れてきます。

 

まとめ

涙には、涙を守る重要な働きがあります。

 

・酸素や栄養を循環させる働き
・目をうるおす

 

この働きを補う目薬は実はありません。

 

目の機能を維持させ、
目を守るのは自然とあふれ出てくる涙が一番です。

 

ちないみは、ドライアイは男女別にわけると女性が多いです。

 

その理由は、目の周りをメイクすることで化粧品が涙を出す
涙腺やマイボーム腺を塞いでしまうからです。

 

デスクワーク、コンタクト、メイクこの3つの条件が整っている方は
対策が必要かもしてませんね

<スポンサードリンク>