ハードコンタクトとソフトコンタクトの特徴とデメリット

スポンサードリンク

ハードコンタクトとソフトコンタクトの特徴とデメリット

ハードコンタクトとソフトコンタクト
コンタクトレンズには、、、

 

ハードとソフトの2種類があります。

 

ハードとソフトは素材の違いで分類され
それぞれ特徴が違います。

 

ハードは、酸素浸透性が高く長時間装着しても
疲れにくかったりソフトは、素材が柔らかく装着しやすいです。

 

今回は酸素浸透性コンタクトレンズとソフトコンタクトレンズ
について紹介します。

 

酸素浸透性コンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズは、
硬い素材で作られているのが特徴的です。

 

最近では、酸素浸透性も高くなり
酸素や二酸化炭素が浸透しやすいくなっています。

 

浸透性が高いと角膜の呼吸がしやすく
長時間つけても目が疲労しにくいです。

 

ただし、涙に含まれる汚れや成分が付きやすく
レンズのメンテナンスに神経を使う必要があります。

 

ソフトコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズは、柔らかい素材で作られています。

 

素材の成分には、水分も含まれていので
装着したフィット感が良いのが特徴的です。

 

初めてコンタクトレンズをする方は
ハードよりソフトがいいです。

 

また、ずれにくいのでスポーツをする方にもおすすめです。

 

ですが、デメリットもあります。

 

柔らかい素材なので、
視力を矯正する効果がハードコンタクトより弱いです。

 

とくに乱視を矯正する効果はほとんど見込めません。

 

酸素の浸透性も悪く長時間の装着をすると
角膜の細胞へダメージを与えることになります。

 

他には、汚れや涙に含まれる成分が付着しやすく汚れやすいです。
汚れた状態で装着すると感染病になることもあります。

 

ゴミや汚れを掃除するにもハードより
手間がかかりめんどくさいです。

<スポンサードリンク>