目の充血は、異常を知らせるサインです。

スポンサードリンク

目の充血は、異常を知らせるサインです。

目の充血
コンタクトをしている方は目が
充血した経験が一度はあるかと思います。

 

目が赤くなり充血するのは、、、

 

角膜が異常を知らせるサインなんです。

 

コンタクトをしていて角膜が酸素不足になれば、
目が酸素を取り込もうと充血します。

 

ゴミが入り目を傷つけたり細菌が入り炎症を起こせば、
炎症を抑えようと目にたくさんの血液が送られてきて充血します。

 

もしくは、コンタクトが合わなく目が充血ケースもあります。

 

痛みや不自然な充血の対処

充血で注意したいのが、、、

 

・痛み
・片方だけ

 

痛みのある充血や片方の目の充血は、、、

 

感染症などの病気が考えられます。

 

もし痛みる充血や片方だけの目が充血する不自然な場合は、
眼科に行き診断をしてもらいましょう。

 

コンタクトをしている方は目薬を頻繁に使う方がいいと思います。

 

痛みや不自然な充血があれば、
目薬をして症状を和らげようとするはずです。

 

覚えててもらいたいことがあるんですが、
市販の目薬は、目の血管を収縮される成分が配合されています。

 

一時的には充血や痛みは楽になるかもしれません。

 

ですが、充血の原因が感染病の発見が遅れたり
充血が慢性し治りにくくなることもあります。

 

ハードレンズ特有の充血

ハードレンズを装着すると20%前後の方に充血が見られます。

 

充血が独特で目の真横に充血が起こります。

 

この原因は角膜と結膜に細かな傷ができ充血します。
軽い症状の場合は、コンタクトレンズを外しひと晩経つとなることが多いです。

 

細かい傷ができる原因は、

 

・コンタクトレンズのサイズが合っていない
・涙が正しく流れていない

 

この2つが原因です。

 

まとめ

目の充血は、状態を知らせてくれるサインだと思いましょう。
目が充血するには、必ず原因があります。

 

コンタクトレンズのサイズが合わなかったり
細菌が原因の感染病かもしれません。

 

市販の目薬で治そうとせず、病院に行き
診断してもらうようにしましょう。

<スポンサードリンク>