花粉のアレルギーの予防と症状について

スポンサードリンク

花粉のアレルギーの予防と症状について

花粉のアレルギー
花粉で悩んでいる方は、花粉が飛ぶ時期より前(症状)が出る前に
抗アレルギー薬の飲み薬を服用したり目薬などで予防すると効果的です。

 

最近は、病院でなくても一部の抗アレルギー対策の目薬は
薬局でも購入することが可能です。

 

ですが、市販されている目薬は病院で処方される
目薬より濃度が低いです。

 

市販は、濃度が薄いので効果が少ないですが、
副作用が少ないです。

 

花粉などのアレルギー悩んでいる場合は、市販の目薬を使い
改善できないときは、病院に行った方がいいでしょう。

 

花粉はシャットアウト

花粉が本格的に飛び始めたら、花粉を付着しないように
対策を取りましょう。

 

花粉を付着させないようにするためには、、、

 

・マスク
・保護メガネ

 

を使い目、鼻、口からの侵入を防ぐことができます。

 

花粉が飛び始めたら外出するときは、マスクと保護メガネをしましょう。

 

外出し帰宅したら目を洗浄し花粉を洗い流しましょう。

 

目を洗浄するときは、、、

 

添加物や防腐剤が含まれていない整理食塩がおすすめです。

 

水道水で洗う方もいますが、水道水には微生物がいるので
絶対に水道水で目を洗うのはやめましょうね。

 

花粉アレルギーの症状

花粉アレルギーは、春先のスギ花粉が
原因で結膜炎や鼻炎を引き起こします。

 

スギ外にも、ヒノキやブタクサなどさまざまな
植物がアレルギーとして引き起こします。

 

どの植物でアレルギー反応を起こすかは人によって違います。
花粉が目に付着するとかゆみや充血や涙目を起こします。

 

ひどい方だとぜんそくも引き起こします。

 

花粉以外にも車の排気ガスなどの大気汚染や
工場の煙からの化学物質などが原因でも起こります。

 

また、食生活の変化(冷凍食品、インスタント)などの普及とも考えられています。

 

まとめ

アレルギー反応は一度なってしまうと改善するのが困難で花粉の同じです。

<スポンサードリンク>