コンタクトレンズの多いトラブルと解消方法

スポンサードリンク

コンタクトレンズの多いトラブルと解消方法

コンタクトレンズ トラブル
コンタクトレンズが手軽に購入ができるようになり
目のトラブルを抱える方が増加しています。

 

とくに多いのが、、、

 

使い捨てコンタクトレンズによるトラブルです。

 

ソフトコンタクトレンズの素材には水分が
含まれていて装着感がいいです。

 

ですが、痛みに気づきにくく自覚症状が
ないまま目にダメージを与えていることがあります

 

今回は、コンタクトレンズのトラブルについて紹介をします。

 

目はデリケートで傷がつきやすいので安全かつ慎重にしましょう。

 

コンタクトレンズで多いトラブル

・過剰装着
コンタクトレンズには、決まった装着時間があります。

 

とくに寝る前は外さないといけないコンタクトレンズは、
就寝前に必ず外しましょう。

 

違和感があった場合は使うのをやめた方がいいです。

 

・消毒方法が悪い
メンテナンスをして使えるコンタクトレンズは、
消毒をする必要があります。

 

ゴミや細菌を除去するためです。

 

消毒をするときに、水道水を使う人がいます。

 

水道水には、塩素が含まれています。

 

水道水でコンタクトレンズを洗うと塩素が付着し
装着したとき塩素が目を刺激しダメージを与えます。

 

また、水道水には微生物が混ざっていることもあります。

 

この微生物が目に感染し最悪の場合は
角膜を移植しないと回復しない状態なることもあります。

 

コンタクトレンズを消毒するときは、
必ず専用の洗浄液を使いましょう。

 

カラーコンタクトのトラブル

最近は通販で手軽にカラーコンタクトレンズを買うことができます。

 

コンタクトレンズは本体は医療器具で
医者から処方を受けてからコンタクトレンズを付けるべきでです。

 

健康的は目の方も同じで視力が良くても
正しいコンタクトレンズのケアや装着をしないといけません。

 

コンタクトレンズの取り扱いは慎重でかつ神経を使いましょう。

 

雑に扱うとゴミで目を傷をつけたり、
細菌が悪さをして感染病になることだってあります。

 

カラーコンタクトは、酸素の浸透性が悪く
酸素不足のトラブルが起きます。

 

なので長時間の装着は避けましょう。

 

また、カラーコンタクトは若者の間ではファッションの一部になっていて
友達同士での貸し借りもしているそうです。

 

もし、目の病気になっていたり細菌が付着していたら
病気や細菌をコンタクトレンズを貸した友人に渡すことになります

 

コンタクトレンズの他にも洗浄液の貸し借りはやめましょうね。

<スポンサードリンク>