目の疲労の取り方はまばたきと姿勢の改善をしよう。

スポンサードリンク

目の疲労の取り方はまばたきと姿勢の改善をしよう。

目の疲労
デスクワークの作業で目の疲れを取るためのポイントを紹介します。

 

・まばたきをする
・姿勢を保つ

 

この2つです。

 

デスクワークのほかにスマホやパソコンでのネットサーフィンでも
この2つのポイントは意識しましょうね。

 

まばたきをしよう

まばたきは、意識をすることなく本能的にするようになっています。

 

人間の本能は、目的のもの、もしくは情報を探すために
まばたきの回数を減らしジッと見るようになっています。

 

このジッと見ることを凝視っといいます。

 

凝視をすると意識をすることなく、、、

 

まばたきの回数が減ります。

 

デスクワークやパソコンやスマホや
書類を見るとまばたきが減ります。

 

なので、本能に任せるのではく、
意識的にまばたきをするようにしましょう。

 

まばたきをすることで涙が目の表面を
うるおして乾燥から守ってくてます。

 

姿勢を保つ

パソコンで作業をすると無意識に姿勢が悪くなるかたが多いです。

 

姿勢が悪くなると、肩に首に負担をかけます。

 

コリが進行すると骨につたわり
ストレートネックになるケースもあります。

 

また、不自然な姿勢(前傾姿勢)では、
肺を圧迫させ呼吸が浅くなります。

 

姿勢は意識をして、、、

 

・お腹を前に出す
・猫背になっている方は肩をあげる
・首が傾かないように首を後ろにおろし、顎を引く

 

この3つを意識しましょう。

 

慣れないときは、
どうしてもだんだん不自然な姿勢になります。

 

そのときは、休憩時間を利用して
体操やストレッチをしてコリをほぐしましょう。

 

まとめ

デスクワークで不自然な姿勢は、目に悪いだけでなく
首や肩の不調につながります。

 

そればかりは、腰痛にもなる危険性があります。

 

目を疲れないように姿勢を改善をするだけで
肩、首、腰のトラブル対策になるので今回紹介をしたことを心掛けてしましょうね。

<スポンサードリンク>