近視の方はパソコン用と運転用のメガネは別に作りましょう。

スポンサードリンク

近視の方はパソコン用と運転用のメガネは別に作りましょう。

近視メガネ
職種によっては一日中、パソコン画面に向かって仕事をする方や
会議や営業で資料を見たりと人によってさまざまです。

 

近視でメガネやコンタクトで視力を調整している方も多いと思います。

 

パソコン作業に適切な視力は?

パソコン画面からの距離は約40センチぐらいで
資料などを見る距離は約30センチぐらいです。

 

裸眼で見えづらい場合は、メガネを掛けたほうがいいです。

 

以前、メガネをかけると視力が悪くなるで紹介しましたが、
メガネをかけても近視も老眼も悪化しません。

 

むしろ、見えづらい状態ではイライラしてストレスがたまることでしょう。

 

近視っと自覚した場合はメガネを作りましょう。

 

 

近視のメガネは0.7〜1.0くらいがベストです。

メガネを作るとはよく見えるように度数をあげて1.5を目安作る方がいます。

 

実際、車を運転するときは0.7以上でないと運転はできない決まりで
車用のメガネは1.5に合わせて作っていいると思います。

 

ですが、視力を1.5に合わせて作ったメガネでパソコン作業や
視力を見ると、、、

 

見えづらくもの凄く目が疲れます。

 

近視の場合は、仕事環境に合わせてメガネを作りましょう。

 

1.5では強すぎるので0.7〜1.0くらいに度数を落とすと
パソコン画面が見えやすく疲れにくいです。

 

まとめ

メガネは車用やデスクワーク用っと使い分けたほうがいいです。

 

メガネは、度数はもちろんですがフレームの重さも重要で
軽いほうが長時間かけていても疲れないのでおすすめです。

<スポンサードリンク>