目薬を使った正しい目の洗い方

スポンサードリンク

目薬を使った正しい目の洗い方

目薬

正しい目薬を使った目の洗い方です。

 

@まず、手を石鹸でよく洗う。
A片手で目がまばたきで閉じてしまわないよう持っている
B目から5cmぐらい離してから目薬を差す

 

まばたきとドライアイの関係はコチラ

 

注意点なのですが、目薬を差した直後、まばたきを何回も行う人がいます。
目の内部まで浸透しそうな感じがしますが、実は逆効果です。

 

まばたきをすることによって目から流れ出してしまいます。
目薬を差してからしばらくはまばたきを我慢して、浸透するまで待ちましょう。

 

ちなみに、コマーシャルなどでよく見かけますが
洗眼液を使用して、目をパチパチとして洗眼をする。

 

見ていると、何だかスッキリしそうで気持ちよさそうですね。

 

長時間目に薬品をつけているのを見て、
「あれって本当に目にいいんだろうか」っと疑問に思う方もいるはずです。

 

目の表面は3層になっていて、

 

・外側が油層
・真ん中が涙層
・ムチン層

 

一番内側がムチン層で糖分とタンパク質で作られています。

 

洗眼液で固まりみたいなものが出てくるのは、汚れではなく
それらが剥がれて落ちたものなのです。

 

ということは、汚れを落としているのではなく、
薬品を使って目を傷つけているだけなのです。

 

洗眼液の説明書きをよく見てみると、眼病予防と書いてあると思います。

 

目は毎日のようにケアをしなければならない部分でもないので、何か異常が起これば眼科に行き、処方された目薬を使用するほうがいいと思います。

 

 

<スポンサードリンク>

関連ページ

水道水で目を洗うのは危険な理由とは!?
水道水で目を洗う方がいますが、目を傷つけダメージを与えます。
ホウ酸で目を洗うと必要な成分が失われます。
ホウ酸は一昔前までは、薬不足で目の洗浄に使っていましたが、現在では使いません。
油で目を洗う!?アーユルヴェーダの技術の効果とは!?
インドの医学を応用して目を洗う施行があります。 その効果について紹介