水道水で目を洗うのは危険な理由とは!?

スポンサードリンク

水道水で目を洗うのは危険な理由とは!?

水道水 目を洗う

体育の授業で「プールに入ったら出る前に目を洗うこと」
言われてきた方は多いと思います。

 

プールサイドの水道の横には目洗い専用の蛇口もありました。

 

また、花粉の時期など家に帰ったらすぐさま目を洗うことを習慣にしている方もいるのではないでしょうか。

 

目に入った花粉が水ですっかり流されていくのをイメージすると目だけでなく気分もさっぱりするものです。

 

しかしながら、現在水道水で目を洗うことは医学的におすすめしないとされているのです。

 

その理由は、水道水に含まれる塩素が目の表面を傷つける可能性があると分かったからです。

 

 

水道水で目を洗ってはダメな理由

目はもともと油層、涙層、ムチン層という3つの層で覆われています。

 

この優秀な3つの保護層が私たちの目を乾燥や汚れから常に守ってくれています。

 

しかし、水道水で目を洗うと中に含まれる塩素がこの3層を傷つけてしまうのです。

 

結果、目の表面の傷から感染症にかかったり充血がさらにひどくなったりする可能性もあります。

 

しかしながら、目にゴミが入ったりシャンプーなどの異物が入ったときは別です。

 

塩素の危険よりも異物によって目が傷つく可能性の方が圧倒的に高く緊急度が高いのでその場合には迷わず水道水で目洗いをしてください。

 

子どもの時の教育で、目を水道水で洗うことは正しいとインプットされている年代の方には目から鱗の情報だと思います。

 

目には完璧な保護層があります。

 

水道水で目を洗うとその保護層を傷つけるということを理解していただき毎日の習慣となっている目洗いを控えてみることをおすすめします。

<スポンサードリンク>

関連ページ

ホウ酸で目を洗うと必要な成分が失われます。
ホウ酸は一昔前までは、薬不足で目の洗浄に使っていましたが、現在では使いません。
目薬を使った正しい目の洗い方
目薬を使うことで目を綺麗に洗うことができます。 方法を紹介。
油で目を洗う!?アーユルヴェーダの技術の効果とは!?
インドの医学を応用して目を洗う施行があります。 その効果について紹介