近視、老眼、遠視、老眼の対象方法について

スポンサードリンク

近視、老眼、遠視、老眼の対象方法について


視力が悪くなりメガネをかけると、
視力がもっと悪くなるっとことはありませんか?

 

長時間メガネをかけてから、外すし裸眼で見るとメガネをかけているときより
ボンヤリと見えるので視力が、、、

 

低下したように思えますが、医学的根拠はないそうです。

 

見えづらい目の状態には、近視、遠視、老眼の3つがあります。

 

今回は、近視、老眼、遠視、老眼についての
対処を紹介します。

 

近視は、状況でによって使い分けましょう。

軽度の近視の方は、普段はメガネをかけずに車の運転や映画を見るときなど
見えやすいように環境にあわせてメガネをかけるといいでしょう。

 

近い距離の物を見るときは近視がある方が
調筋力に負担がかかりにくいので目の疲れが感じにくくなります。

 

遠視の注意点!!矯正は子供のときにしましょう!!

遠視の方、はきちんと矯正をしないと目に疲労が蓄積しやすく
集中力が低下したり、小さいお子さんだったら勉強が嫌いになる可能でてきます。

 

最悪の場合は、矯正しても適切な視力が得られないこともあります。
このことを弱視っといいます。

 

弱視は成人を超えると治療が難しいので、
遠視の矯正は小さいこどものときにきちんとしましょう。

 

老眼は専用のメガネを作りましょう。

老眼は、悪くならないためにも見えづらくても我慢をしたり
度を弱くして使う方がいます。

 

老眼は年齢にからくる廊下現象なので誰にでも起こることです。

 

近くを物を見ると目が疲れるときは、
近くを見るための専用の老眼鏡を作りましょう。

 

まとめ

視力が低下して見づらいときは、
メガネをかけて矯正することが適切な対処方法です。

 

目がよく見えるだけでも生活が楽になり
テレビや映画を見たり景色がよく見え楽しみが増えることでしょう。

 

小さいお子様の場合は勉強にも影響されるので
裸眼で見えづらい場合やメガネが合わないときは、自分の視力にあったメガネを用意しましょう。

<スポンサードリンク>