目が疲れたら目の体操をして疲れを解消させましょう。

スポンサードリンク

目が疲れたら目の体操をして疲れを解消させましょう。

目の体操 疲れを解消
デスクワークでのパソコンの画面や書類を長時間見続けていると
目の周りの筋肉が緊張し疲労が溜まります。

 

目は近くのものを見ると自然と目の周りに
ある筋肉が緊張するようになっています。

 

この緊張が疲労につながるんです。

 

例えると、全身の筋肉をぎゅっと力を入れた状態です。
力を入れっぱなしにしていると疲れますよね?

 

目もこの状態になっているんです。

 

今回は、目のまわりの緊張をほぐす体操を紹介します。

 

仕事の休憩時間を利用して目のケアをしましょうね。

 

目の体操

目の体操をすると目の周りの緊張をほぐれてリラックスができます。

 

目を動かすだけでいいので場所はどこでもいいので
目に疲れを感じたやってみましょう。

 

1 鼻を見てより目をする

 

2 左右を見る

 

3 上下を見る

 

4 目をぐるぐる回る

 

この目の動きを各5秒を5セットしましょう。
2分もかからずできので手軽ですよね。

 

遠くを見るのも効果的です。

遠くの景色を見るだけでも目のまわりの緊張はほぐれます。

 

体操のように意識をして目を動かさなくてもいいので
簡単です。

 

3〜5m先を見るだけも効果的ですよ。

 

目を閉じる

目を閉じるだけでもリラックスができます。
目をぎゅっと閉じてパチパチと瞬きをするだけでOKです。

 

温かいおしぼりを目の上に乗せるとさらに効果があります。

 

おしぼりがない場合は、
両手で目を押さえると手の温もりで代わりになります。

 

まとめ

目の疲労は少しづつ溜まり蓄積されています。

 

パソコン作業をする方は1時間に10〜15分は休憩をとりましょう。

 

目の疲れが解消されますし、精神的にもリフレッシュできますので
休憩を入れた方が仕事のパフォーマンスが上がります。

 

目が疲れてどんよりする前にこまめにケアをして
疲れを抜きましょうね!!

<スポンサードリンク>