老眼はピントを合わせる調整力の低下で起きる症状です。

スポンサードリンク

老眼はピントを合わせる調整力の低下で起きる症状です。

老眼 調整力の低下
人間の目の状態は年齢によって変化します。

 

中学生から高校生へかけて弱い近視が多くなります。
高齢になるにつれて遠視になるそうです。

 

高齢になると遠視になる理由は、加齢によって毛様体筋の緊張や減少、
また、水晶体の屈折率の変化で遠視になんと考えられています。

 

高齢=目が悪い

 

っとイメージがありますが、さきほど説明した変化により
近視で見えにくかった状態から遠視かして見えやすくなることもあります。

 

ただし、視力がよく目が良かった方は
ピントがずれて見えにくくなることもあります。

 

老眼とは?

老眼っと呼びますが正しい呼び名を知っていますか?

 

老眼の正しい呼び名は、、、

 

「加齢性の調節の低下」っといいます。

 

ちなみに眼科では老視といいます。

 

老眼は、加齢減少により目の水晶体が硬くなり
ピントを調整する能力が低下するのが原因です。

 

近視や遠視は屈折の変化で視力に影響を与えますが、
老眼は、目の調整する働きが低下することで起きるんです。

 

老眼の近視、遠視のピント

近視の人は遠くが見えにくいですが、
ピントを近くに合わせる調整力は少なく済みます。

 

メガネやコンタクトを外しても近くのものを見ても
良く見えるはずです。

 

遠視の場合は逆でピントを合わせる調整力は多く必要です。

 

また、加齢が進むと遠視化が進みます。

 

老眼の調整力が落ちるのと
同時に近い距離も遠くの距離も見えにくい状態になります。

 

まとめ

老眼は、適切なメガネを選ぶ必要があります。

 

もし、合わないメガネをしていたり見えにくいのに
裸眼で生活していると目に疲れが溜まります。

 

ただでさえ、遠視と老眼は目の疲れやすいと言われています。

 

目の疲れが取れにくいときは、眼科へ行き診断をしてもらいましょう。

<スポンサードリンク>