老眼はストレスが原因で進行します。お風呂で目のケアをしましょう。

スポンサードリンク

老眼はストレスが原因で進行します。お風呂で目のケアをしましょう。

老眼 ストレス
老眼はストレスが原因で進行することを知っていますか?

 

目は近いものや遠くを見るときに自動で調整をして
ピントを合わせる役割をする組織があります。

 

その組織の名前は、、、

 

毛様体筋っという筋肉です。

 

このピントを合わせる毛様体筋は、
自律神経でコントロールされています。

 

自律神経は、ストレスに弱く過剰ストレスを受けると
毛様体筋が低下しピントが合わなくなってしまいます。

 

そして、老眼が徐々に進行していきます。

 

現代人はストレスが多いだけではく、
目を疲労させる環境が溢れているので老眼は、早まるとも言われています。

 

情報がたくさんありストレスがある社会の中でも
休息をとりリラックスをすることで老眼の予防、目のアンチエイジングにもなります。

 

お風呂で老眼予!?

目の老眼は血の巡りとも関係しています。

 

なぜなら、血行がスムーズになれば、酸素や栄養が目や脳に運ばれ
細胞の新陳代謝が活発になり、視力低下の予防になると言われているからです。

 

血行を良くするには、さまざまな方法がありまが、
今回はお風呂で体が温め血行が良くなる方法を紹介します。

 

お風呂の温度は40度前後がいいです。
シャワーより湯船に入りましょう。

 

湯船に入ると水圧で血圧が上昇し血液が循環が促進されます。
そして、温められた血液が目や脳に運ばれます。

 

注意点としては、水分をこまめにとり、
のぼせる間には湯船からでるようにしましょう。

 

蒸しタオルで目のケア

蒸しタオルを使って目のケアをする方法もあります。

 

濡らしたタオルを電子レンジで温め、目を閉じて上に乗せます。

 

蒸しタオルの温度で、眼球周辺の血行が良くなり、
自律神経を刺激します。

 

自律神経を刺激することで、
ピントを合わせる働きがある毛様体筋の働きも活性化します。

 

蒸しタオルは、目の周辺の血行を改善するだけではなく、
目の乾燥(ドライアイ)にもいいので、目の疲れや乾燥が気になる方はやってみましょう。

<スポンサードリンク>