老眼が起きる仕組みと老眼鏡をしないとおきるデメリット

スポンサードリンク

老眼が起きる仕組みと老眼鏡をしないとおきるデメリット

老眼鏡 デメリット
老眼は加齢が進むことでおこる老化現象です。

 

ピントを調整する能力が低下することで見る能力が低下します。

 

遠くを見る能力は変わらず近くのものを見るときに
不自由になります。

 

代表的な例が携帯の画面やレストランのメニューを見たとき
近くでは見えにくく遠くでかざして見る動作があげられます。

 

老眼鏡をしないと老眼疲労になります。

老眼の対処方法は、、、

 

老眼鏡をかけることです。

 

ピントを合わせることができない能力をメガネをかけることで
調整をするんです。

 

なかには、老けて見えることことから
老眼鏡をかけない人もいます。

 

ですが、ピントが合わない状態で見続けると、、、

 

老眼疲労になります。

 

また、老眼は60歳ぐらいまで進行していきますので
老眼の進みぐわいに応じて度数をかえないといけません。

 

老眼は矯正をすることで老眼を悪化させると思い込んでいる方がいますが
それは間違いで、、、

 

老眼が進むのは加齢による自然な老化現象なのです。

 

老眼鏡をしてもしなくても老眼は進みます。

 

老眼鏡をかけないと、普段の生活に支障が出てることで
ストレスがかかり、かえって目に疲れが蓄積され悪影響をあたえることでしょう。

 

遠近両用のメガネ

老眼鏡をかけると近くのものは見えやすくなりますが、
遠くは見えにくくなりますよね。

 

遠近両用のメガネは、これを解決するためにあります。
コンタクトレンズにも老眼用のコンタクトレンズがあります。

 

ですが、老眼鏡や普通のコンタクトと比べ見ずらいそうです。

 

まとめ

人間は加齢によりさまざまな能力が低下していきます。
能力が低下することは、必ずだれにでもあります。

 

老眼も加齢によって誰にでも起こる現象のひとつです。

 

老眼は早い方だと40代ではじまります。
40代は働き盛りで自分は老眼っと思うには抵抗があると思います。

<スポンサードリンク>