紫外線は目にダメージを与えます。サングラスの選び方とは!?

スポンサードリンク

紫外線は目にダメージを与えます。サングラスの選び方とは!?

紫外線 サングラス
環境破壊が原因でオゾン層が破壊され
太陽光により紫外線が増えたといわれています。

 

紫外線は皮膚によくなく皮膚がんの原因になるなります。
紫外線が人体にあたると体の表面で吸収され日焼けをします。

 

夏になると小麦色に日焼けをした方が健康的に見えますが、
実は目に紫外線を浴びた場合にも、日焼けと同じ変化が起こります。

 

紫外線が目によくない理由

紫外線の強い季節や海水浴場やプール、冬のスキー場は
紫外線が強く目に刺激を与えます。

 

もし、サングラスをかけずに紫外線の強い場所にいると、、、

 

目が充血したり目が痛くて開けるのが困難になります。

 

これは、紫外線が目の細胞を壊わすことで起きます。
この症状を紫外線角膜障害っといいます。

 

紫外線にあたることで角膜に細かい傷をつけ
数時間後に痛みを引き起こすのが特徴的です。

 

最近は美白ブームで紫外線から身を守るようになってきていますが、
目の紫外線から守るべきです。

 

大量に紫外線を浴びるのは目にとって良くないです。

 

なので、紫外線が多い季節やスキー場や海水浴などの
強い日差しの場所ではサンブラスをして対策をしましょう。

 

また、車の運転やマラソンやジョギングをする方もサングラスを忘れずにしましょう。

 

 

サングラスに色の濃さとUVカットの関係

サングラスには、いろいろな色の濃さがありますね。

 

サングラスの色が濃い方が、紫外線をカットするように思えますが、
実は、色の濃さと紫外線のカットの関係性はありません。

 

紫外線をカットできていないサングラスをしてると、、、

 

まぶしくないの目をあけ紫外線を多く
目に入れてしまう危険性があります!!

 

サングラスは、おしゃれでしている方もいると思います。

 

ですが、紫外線の多い季節や紫外線の
多い場所(スキー場、海水浴場)では専用のサングラスをしましょう。

 

紫外線カットのサングラスを選ぶときは、
UVBの数値を見て判断します。

 

紫外線の多い季節、場所ではUVBが最低でも95%は必要です。

<スポンサードリンク>