現代人は老眼になるのが早い!?

スポンサードリンク

現代人は老眼になるのが早い!?

現代人 老眼 若年
老眼はボケのはじまりっと聞いたことはありませんか?
老眼とは老化現象で誰にでもおこる老化現象です。

 

人間の目は近いものや遠いものを見るときに自動的に
ピントを合わせることができる調整能力があります。

 

目の老化が進むことでこのピントを合わせる調整力が低下し
ピントが合わず見えずらくなるんです。

 

とくに、老眼にあるあるでは、近いものが見えず
顔や手を遠くしてピントを合わせる行為です。

 

本来であれば、目は自動的ピントを合わせてくれるんですが、
調整力が低下しているので、顔と手を動かしピントをあわせているんです。

 

ちなみに、「近視の人は老眼になりにくい」とか「近視の人は老眼の症状遅い」など
都市伝説的な噂がありますが、これはまっくありません。

 

老眼はボケのはじまり!?

人間の五感があります。

 

・味覚
・聴覚
・触覚
・嗅覚

 

そして、、、

 

視覚です。

 

視覚とは目で見た情報を脳へ送りインプットします。
目が見えずらいと的確な情報は脳へ送られず、、、

 

情報がきちんと脳で処理ができなくなるんです。

 

おじいちゃん、おばあちゃんが昔のことは覚えているのに
最近のことは覚えていないのは、視力が低下し曖昧な情報が脳へ送られていないからでしょう。

 

30代でも老眼がはじまる!?

老眼は加齢によって目の機能が低下することでおきます。

 

老眼は40歳を超えたら徐々に進行すると言われていますが、
最近では、30代でも老眼の進行が進むケースがあります。

 

その理由は、目の疲労の蓄積が原因だそうです。

 

最近は、スマホ、パソコンの普及で目を酷使する環境であふれています。
近くでものを見ることは、目の周りの筋肉を緊張させ疲労が蓄積されます。

 

また、ストレスも原因にあります。

 

涙の出る量はストレスと関係があり、ストレスが溜まると
涙の出る量は少なくなります。

 

目を酷使し涙が少ない現代人にとって目のケアは、
毎日歯を磨くようと同じくらい大切な習慣かもしれませんね。

<スポンサードリンク>